読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一歩のその先に

コミュ症のヘタレアラサーがスペイン、サンチャゴ巡礼に行ってきます! きっと行ける!きっと辿りつける!きっと乗継ぎだって無事にできるはず!

23日目 ここにいる

今日は出発早々矢印がなくて、でもわたしだってカミーノを半分も歩いた女なので(もう半分歩きましたよ!)なんとなく方向はわかります
ヤコブが呼ぶ方に歩いていると同室だったガリシア地方出身バグパイプ奏者のおじさんが「こっちだ、ついて来い」と突然登場しました
まぁ、そっちだとは思ってたけど…とわたしが歩こうとした方向に向かいます
そして途中ちょっと迷ってるけど、多分こっちっぽいなぁという雰囲気を醸し出していたオランダから来たジェームズにもおじさんが「そっちじゃない、こっちだ」と言い引き連れます
でもわたしもジェームズが進もうとした方向だと思い、ジェームズと顔を見合わせていると早朝からスピードガンガン出してる地元民が「カミーノはそっちじゃないよ!」と教えてくれました
結局ジェームズが進もうとした道で、おじさん「ごめん、間違った、テヘペロ(๑´ڡ`๑)」ってな感じで謝り、ジェームズは短気さんらしくなんか怒ってました(笑)
ごめんね、そんなに巻くし立ててもわかんないの( ˘•ω•˘ )

そんなわけで即席のチームで歩くこと5分
無駄に足の速いおじさんと、右の靴下にズボンの裾が入ってしまってるジェームズはとろくさいわたしを置いてドンドン進みチームは解散しました…

その後バナナ休憩中のジェームズに追いつきまして、ジェームズは照れながらバナナを食べつつ手を振ってくれました

そしてバルのある次の街までもうすぐといったところで、わたしのアンテナに引っかかるものがありました
この感じ…誰かいる!
すると!そこにいたのは!
ミック‼︎٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
オルテガで一緒にバル休憩したミックです!わたしには珍しい激しいハグで再会を喜びます!
そしてよく見るとアンドレがいて、ダンもいました!
ダンは膝とふくらはぎが痛いらしくサポーターをいっぱいつけてました( ˘•ω•˘ )
そして今日はアンドレのお誕生日だそうで、みんなでハッピーバースディを歌いました(笑)
「アンドレは29歳になったんだよ!」とミック
「あら、アンドレ、同い年だったの?」とわたしが乗ってあげると一同騒然…なぜそんなに驚く…
本当は72歳だって( ♡ ´罒` ♡ )
72歳とほぼ同じペースで歩く29歳…そりゃあびっくりか(笑)

休憩を楽しむおじいちゃん達を残しバルに向かいます
やっぱり3時間近くバルがないのはちょっと遠く感じますね

バル休憩の後ものんびり歩いて、途中高速道路の建設現場のようなところで大きい車(除雪車みたいなのとか)をシゲシゲと眺めながら歩き、今日の目的地マンシージャ デラス ムラスに着きました
ソフィアは次の街まで行くと行ってたので、今日はひとりぼっちです…
と、思ってたら来たよ(笑)
「川で3時間くらい泳いでたら歩くのイヤになっちゃった!♪( ´▽`)」
そりゃあそんな泳いだらイヤになるね♪( ´▽`)

そしてなぜか
「明日レオンに行ったら美容院に行こうと思うの。坊主にしたいんだぁ♪( ´▽`)」
ねぇ、誰かこの子を止めてあげて…
なんで?と聞くと
「泳いでたときに坊主がいいなぁって思ったの」と言うではありませんか…
川で泳ぐと坊主になりたくなるのか?

「清潔、衛生」という単語がDNAにまで染み込んでるナショナリティを持つわたしにはスペインの川(はっきり言ってめっちゃ汚い)で泳ぐという発想すら浮かばないし、坊主にしたいと思ったこともないのでよくわからなんのですが…
日本にいるときは「カミーノから帰ったら髪をパステルカラーに染ようかなぁ♪」とは思ったけど…就活しなきゃだしな…とすぐに諦めたわたしです

明日はレオンですよ
レオンもねぇ、大っきい街です
あっと言う間ですね
てか9月になりましたね
日本では台風やら地震が大変なことになってるらしいですね( ˘•ω•˘ )
半月いないと本当わかんないもんです
日本にいた時のように何時でもネットに繋がってるわけではないので、ニュースもなかなか見れないし…
今の自分が見えている世界が全てのように感じられます
その分大地と空と自分の境界が溶け合って、世界の構成物のひとつとして自分が在るということを肌で感じることができます

星と月を見ながら歩き
太陽がそんなわたしを追いかけてきて
にわとりの鳴き声や小鳥の囀りの中を
いろんな匂いの風と一緒に流離うんです
毎日、毎日似たような、でもどんどん変わっていく景色の中
語り合う相手は自分と遠くに見える風車と街

初めて見るはずなのにどこか懐かしくて、ずっと知っていたようなそんな景色
最近ではあまりに違和感がなくて、ふと父のアルファードが迎えに来そうなそんな感覚を覚えます
ここがわたしのいる「当たり前の場所」のような感じ
とは言ってももちろんいつでも日本に帰りたいという思いはあります
日本にというか家族が待ってる場所に

慣れたってことかしらね?
先週くらいから夢も見るようになったし、お腹も空くようになりました
スペインに、カミーノに慣れたんでしょうね

 

どんなに慣れても毎日日本の薄味の料理が恋しいです