読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一歩のその先に

コミュ症のヘタレアラサーがスペイン、サンチャゴ巡礼に行ってきます! きっと行ける!きっと辿りつける!きっと乗継ぎだって無事にできるはず!

20日目 もらったもの

昨日の夜は炊いてもらったごはんに、パプリカとキュウリとスーパーで買っておいた鶏肉のベーコン?(と、ラベルに書いてる)を炒めた物を食べました

大好きな夏野菜炒めでわたしはご機嫌(๑´ڡ`๑)
韓国系ファミリーはお粥とアルベルゲの冷蔵庫に入ってたピクルスとサラダ?を食べていました
アルベルゲには『ご自由にどうぞ 食べたら寄付してね』と書かれてる食材があったりします
みんなそれと自分の持ってる物を組み合わせたり、それだけを使ったりして食事を作ります
わたしは基本的に足りない物だけ頼るようにしてます
例えば牛乳は1L買っても困るのでアルベルゲのものを飲んだりとか(こちらの最小単位が1L)
売っている食材は日本と違って最小単位がファミリー用になってるので、こういうアルベルゲは本当に助かります

朝、朝食を食べようとキッチンに降りるとすでに出発の準備が出来ているカルロスがいました
今朝は寒くて、強面スキンヘッドの彼には似合わない可愛いボーダーのニット帽を被っていました(笑)
まぁ、一周回って可愛いかな(笑)
マフィアパパンがいないのでカルロスとブエン カミーノをして見送ります
その後イタリア系ちゃりライダーのおじさんの隣で、彼の真似をしてカフェオレボールにたっぷりのミルクココアを作り、フランスパンと小さく切ったチョリソーを食べました(ライダーはサンドイッチにしてました)

その後最近よく挨拶を交わすフランス人グループにご挨拶して、メセタの大地を歩きました
ずっとずーっと続く麦畑(刈られてるけど)
のんびり歩きました
途中簡易バルを見つけて立ち寄りカフェコンレチェを頼んだのですが、ペコペコのプラスチック製のコップに入れて寄越されて…えぇ…ご想像通りですよ…
大地とテーブルとバックパックにぶちまけました…ひと口も飲んでないのに…
おかげで今日のわたしはコーヒーの香りです(つω`*)

お気に入りのラムネ柄のタオルが牛柄になりました( ゚Д゚)
お家に帰るまでにバックパックがカビなければよいと切に願います…

 

その後も昨日買ったクッキーをつまみながら歩き続け、よつやく次の街に着きましたので、今度こそちゃんとしたバルに寄って陶器のカップに入ったカフェコンレチェを美味しく頂きました
休憩から出発早々マフィアパパン達に会い、熱くご挨拶して調子もいいことだし予定の次の街まで歩きました!
行ける気がしたの!

 f:id:shiroikujiranosora:20160831054716j:image

 

 

ごめん、本当調子こいてました(ノд・。)
アルベルゲに着く頃にはわたしの左足首はなかなかに悲鳴を上げ、シャワーの後に湿布とサポーターを装着するハメになりました…
明日は12キロ程度なので、たぶん大丈夫…
しかもこの街にはスーパーも個人商店もなくて、アルベルゲにはキッチンもないときています(笑)
アルベルゲ付属のバルで食べろってことなんだろうけど…お庭でサンドイッチでも食べようかな

そしてマフィアパパン達とは恐らく今日でお別れです
数日間でしたが、日本にいた頃のように誰かに甘えるということをさせて頂き、共通言語のない本当の国際交流というものを肌で教えて頂き、本当に感謝しています

わたしはいつも、どこでもたくさんの人に支えられ、大切にされてきました
とてもとても愛されてきました
日本の家族をはじめ、メールで励ましてくれる友人や恩師もそうだし、わたしは本当に恵まれていると思います

わたしはここに来て、カミーノを歩いて、いま強く思うのは「人を幸せにできる人になりたい」ということ
それが具体的にどうしたらいいとか、わたしにできるのかとか、わからないんですが、でも誰かを幸せにする活動、仕事をしたいと思うんです
なんか偽善者っぽいですね(笑)
でもそう思うの

その人の母語で挨拶するとか、そんなことしか思いつかなかったわたしにいい考えが浮かぶのかわからないんですが(笑)

 

みんなが幸せになる世界にしたい
今のわたしの願いです